もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
怪談レストラン39 秘密のとびらレストラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

怪談レストラン39 秘密のとびらレストラン

  • 児童書
責任編集: 松谷 みよ子
編: 怪談レストラン編集委員会
絵: かとうくみこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「怪談レストラン39 秘密のとびらレストラン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784494011360

小学校3・4年生
B6判/17.3×12.3cm 頁数:144頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

学校の倉庫、地下道のとびら、画家のアトリエなど、開かずのとびら、不思議な部屋の怖い話ばかりです。どうぞ、ご賞味ください。

ベストレビュー

扉のむこうは…

39巻は、たくさんの扉が出てきます。
自宅の扉であったり、ホテルの扉であったり…。
その扉のむこうに待っているのは、背筋がゾクッとなる恐怖…。

これが、けっこうコワイんです(泣)。
このシリーズ、巻が進むごとに、怖さの質が高くなってきてる気がします。

扉っていうのがいいですよね。
開けちゃダメ、入っちゃダメ!と心の中で、つぶやいてしまいます。
でも、主人公は必ず入るし、読者も先に進みますけど(笑)

このシリーズ、挿絵が怖くないので、話が怖くても怖さは緩みます。
小学生にピッタリのシリーズです!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海

怪談レストラン編集委員会さんのその他の作品

図書館版怪談レストラン(全10巻) / 図書館版怪談レストランナビ[図書館版](全3巻) / 怪談レストランナビ 妖 / 怪談レストランナビ 霊 [図書館版] / 怪談レストランナビ 魔 [図書館版] / 怪談レストランナビ 妖 [図書館版]

かとうくみこさんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園(18) 真夏の夜の水泳大会 / 怪談レストラン49 ゾンビのレストラン / 怪談レストラン47 座敷わらしレストラン / 怪談レストラン44 死の影レストラン / 怪談レストラン41 幽体離脱レストラン / 怪談レストラン37 人食い花レストラン



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

怪談レストラン39 秘密のとびらレストラン

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット