クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
どうしてぼくをいじめるの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうしてぼくをいじめるの?

  • 児童書
作: ルイス・サッカー
絵: むかい ながまさ
訳: はら るい
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どうしてぼくをいじめるの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784580820630

小学校中学年向き
A5判・112ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

マーヴィンはいじめっ子に「鼻をほじってた」といってからかわれる。「ほじってない」といえばいうほど、いじめがいじめを呼んで、マーヴィンはクラスから孤立していく。

追いつめられたマーヴィンは、このピンチをどう切りぬけるのか?子どもたちはおもしろ半分なだけに、いじめのこわさがリアルに伝わってきます。いっしょになやんでくれるすてきな家族、妹のなにげない言葉で一変する意外な展開、ノース先生の心にしみる最後の一言など、読みだしたらとまらず、読み終えるとほこらしい気持ちになるお話です。
(「文研出版編集部からのおすすめ」より)

ベストレビュー

心に残った文章

以前から読みたいと思っていたので図書館で借りてきました。
マーヴィンは自分の正当性を通したことからいつの間にか、いじめられる対象になってしまいました。
相手が悪い、そんな複雑な思いを感じながらも次第に先生までもが偏見のまなざしでマーヴィンを見ます。
このあたりから私の中では、言いようのない怒りが吹き上げてきました。
「いじめ」は100%いじめるほうが悪い、鼻をほじることが「いじめ」の理由になんか絶対にならない!
孤独に突っ伏したマーヴィンを救ったのはすばらしい家族でした。
後半は気持ちがいいほど、劇的に環境が変わっていきます。
物語だからかもしれませんが、読んでいても痛快でした。
その中でも心に残った文章は
「ふつうの子供たちは、一人のときはいじわるをしない。いじわるをするのは、集団になったときだけ」
「・・・私たちは同じ人間ですもの・・・」
の二つです。

「いじめ」をなくすための多くのヒントが含まれていると感じます。
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルイス・サッカーさんのその他の作品

地獄坂へまっしぐら! / きみの声がききたいよ! / ぼくって女の子?? / ウェイサイド・スクールはますますへんてこ / ウェイサイド・スクールはきょうもへんてこ / 先生と老犬とぼく

むかい ながまささんのその他の作品

あたし、アンバー・ブラウン! / みんなで まもった ひなどり / おいらは ケネルキャット サスケ / のら犬ホットドッグ大かつやく / しあわせの子犬たち / 新きょうはなんの日? 9月・10月

はら るいさんのその他の作品

カティーにおまかせ! / 思い出のマーシュフィールド / ハリスとぼくの夏 / ハーモニカふきとのら犬ディグビー / 虎よ、立ちあがれ



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

どうしてぼくをいじめるの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット