となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ポロポロゆうびん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポロポロゆうびん

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: こばようこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784251077042

小学校低学年以上
A5判・63ページ

出版社からの紹介

とむくんは手紙になって、ジャングルの島・ポロポロ島へ大旅行!
飛行機や船に乗り、オウムに助けられ…ハラハラドキドキ楽しい絵童話!

ベストレビュー

素朴で面白い

子供が絵本から児童書まで幅広く手に取るようになって
親の私が読み聞かせのため、子供の本を手に取る事が
減ってきました。

児童書だと寝る前にちょっと一冊読むって感じでもないし。。。
とか言って子供が一人楽しそうに本を読んでいるのを横目で
見る毎日。

そんな中この楽しそうな子供の笑顔満載のこの本を手に取り
久しぶりに読んでみたくなりました。

おじさんのすんでいるポロポロ島までおでこに切手を貼られ
手紙になって運ばれます。そのドキドキ感も楽しかったですし
なんとなくお話の筋は読めてしまっても親子してそのポロポロ島
の住人の動物たちやその世界に自分も入れたらいいなと
言う気分にさせてくれました。(絵がそうさせてくれている
気がします)素直に楽しめたお話です。

追伸:娘曰く、ポロポロ島の住人が「ポロポロ、ポロポロ」って
しゃべっているのが面白かったし、不思議だったと話しています。
(かわゆいゆいさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

こばようこさんのその他の作品

さやかちゃん / ランドセル名作 3つのぼうけん/いっすんぼうし・ジャックとまめの木・シンドバッドのぼうけん / にっこりおすしとわさびくん / 一日だけうさぎ / スプーン王子のぼうけん / はじめての手づくり科学あそび(3) かぜ・くうき・みずであそぼ



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

ポロポロゆうびん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット