はーくしょい はーくしょい
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ルルちゃんが「はーくしょい!」セーターをきても、マスクをかけても「はーくしょい!」そこで、まほうつかいをよびますが……?
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

魔法使いのおまじないで治るといいのに
風邪をひいたらしくて、くしゃみがどうし…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
The Gruffalo(もりでいちばんつよいのは?)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

The Gruffalo(もりでいちばんつよいのは?)

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 27.6 x 横 22.2 x 厚さ 1(cm) 言語:英語

ベストレビュー

韻遊び

小さな賢いねずみが森の中を散歩していく冒険物語です。途中で出会う数々の動物達から“自分で作り上げた想像上の”Gruffaloを上手く使って危機をすり抜けて行きます。
中盤になり、数々の危機を乗り越えたねずみが最後に出会うのは、
なんといるわけもないと思っていたGruffalo。
しかし、このGruffalo 見た目は怖いけれどぜんぜん憎めないかわいいおとぼけモンスターです。
小さなねずみが本当は森で一番強いんだと信じ込まされ、
「グラファロークランブルにされ食べられちゃう!」と逃げていってしまう、なんともユーモアたっぷりの絵本です。

カラフルな内容の絵本の中に、沢山の森の動物たちも登場して、目でも楽しみながら単語を覚えられます。

そして一番のオススメ理由は英語学習に最適な韻遊びが頻繁に活用されているからです。作者は韻遊びを豊富に搭載した数々の絵本を出しています。

A mouse took a stroll through the deep dark wood.
A fox saw the mouse and the mouse looked good.
始まりの文章ですが、一番最後のWoodとGoodが韻をふんでいます。
信じられないほど、数々の韻遊びがあるのでたくさん練習してリズム良く読めば読むほど楽しい絵本です。

文章は結構長いです。
(リリィティナさん 30代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


ジュリア・ドナルドソンさんのその他の作品

こえだのとうさん / チビウオのウソみたいなホントのはなし / グラファロのおじょうちゃん / カタツムリと鯨 / もりでいちばんつよいのは? ジグソーパズルえほん / おうちをわけっこ

アクセル・シェフラーさんのその他の作品

袋鼠親爺の手練猫名簿 / うさちゃんのひるね どんぐりもりのおはなし 4 / ぶーこちゃんのかくれんぼ どんぐりもり3 / こんたくんのくつした どんぐりもりのおはなし2 / くまくんのてがみ どんぐりもりのおはな1 / まじょとねこどんほうきでゆくよ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

The Gruffalo(もりでいちばんつよいのは?)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット