ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
紙芝居 ぴょんぴょんにょきにょき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ぴょんぴょんにょきにょき

作: 荒木文子
絵: 山口 マオ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 ぴょんぴょんにょきにょき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784494090488

2,3歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

かえるがピョンピョンとびはねるのをみて、すっかり楽しくなった大根は
ニョキニョキ…ユーモラスなつくばの由来ばなし。

ベストレビュー

だいこんが、のびるわけ。

3歳の娘と読みました。

どうして大根が秋口から冬に向けての季節で
グーッと伸びるようになったのか。
茨城県に古くから伝わる民話だそうです。

カエルがタマゴを神様にもって行くのを見るため、
というのが回答なのですが、
カエルとタマゴがどうにも結びつかない娘は、
「なんか、へんだよねぇ。」としきりにつぶやいていました。

私もなんかへんだなぁとは思いましたが、
そのおかげで美味しい大根が食べられるのは
有難いことです。

大根がこれからの季節に読んでいただきたい紙芝居です。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

荒木文子さんのその他の作品

紙芝居 つるつるシャキシャキもーぐもぐ / 紙芝居 まんまるまんまたんたかたん

山口 マオさんのその他の作品

こどものとも絵本 はがぬけたよ / よるのさかなやさん / わにわにのかるた / グッバイ山でこんにちは / うんこはごちそう / 妖怪ぞろぞろ俳句の本(上) 妖怪・動物



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

紙芝居 ぴょんぴょんにょきにょき

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット