あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
紙芝居 やせためんどりとキツネ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 やせためんどりとキツネ

絵: 剣持 晶子
再話: 剣持 弘子
脚本: 剣持 晶子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「紙芝居 やせためんどりとキツネ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年01月
ISBN: 9784494090815

4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

めんどりは山へ行くとちゅうキツネに出会い、ある約束を。

ベストレビュー

にわとりの最後の機転が面白いです。

初めて聞いたのは同じおはなし会の方がやってくれた紙芝居でした。
それがとてもよかったので、改めて自分で読んでみました。
ストーリーはもともとイタリアの昔話なので、しっかりまとまっていてとても聞きやすい内容です。
うちの下の子(今は高校生)に聞いてもらってやってみたのですが、うちの子はにわとりの最後の機転にとてもウケていました。
12場面で長すぎないので、4,5歳くらいから楽しく聞けそうです。

主人公のにわとりもおばあさんもものすごく味わいのある描き方で素敵でした。
なので、肝心の悪役のキツネがやけに可愛らしいのだけが目につきましたが、
お話が面白いので、練習して稲穂が実る季節にやってみたいと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


剣持 弘子さんのその他の作品

子どもに語るイタリアの昔話 / 三つのオレンジ



ごっこ遊びで楽しくやりたいお仕事ができちゃう♪

紙芝居 やせためんどりとキツネ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット