ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
紙芝居 かわいそうなぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 かわいそうなぞう

作: 土家 由岐雄
絵: 久保雅勇
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「紙芝居 かわいそうなぞう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年04月
ISBN: 9784494074495

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

太平洋戦争の末期、東京の町は毎日のように空襲を受けていました。
もし、上野動物園が爆撃されてゾウがあばれだしたら大変と…。

ベストレビュー

怖い戦争を子どもに受け継ぐために

毎年、梅雨から夏にかけて、今年はどうやって子どもたちに戦争の恐ろしさを伝えよう。。。と悩みます。
戦争の絵本はたくさんありますが、子どもには怖すぎて、トラウマが残りそうだったり、逆に、オブラートに包みすぎて伝わらなかったり、子どもに読む絵本を選ぶのは難しいです。
今年は、「かわいそうなぞう」を読むことにしました。
図書館に紙芝居があったので、年長のクラスで読むと、みんな息を殺すように静かに見ていました。
ふざける絵本ではない!と子どもながらに感じたのだと思います。
最後には泣き出す子どももいました。
みんな、戦争の恐ろしさを感じてくれたと思います。
夏にかけて、何度か読み、子ども達がそれぞれ、戦争について考えてくれるきっかけになってほしいと思います。
(こにゃららんさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

土家 由岐雄さんのその他の作品

民話と伝説 呪いの巻物(5) 日本のふしぎ話 / かわいそうなぞう

久保雅勇さんのその他の作品

紙芝居 ベルがならない(地震・避難訓練) / 紙芝居 さとるのたからさがし(車の下) / 紙芝居 あさがおアパート / 紙芝居 ねずみちょうじゃ / 紙芝居 ケーキだほいほい / 紙芝居 貝の火



ねえ、「コワイ」って、もってる?

紙芝居 かわいそうなぞう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット