話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

あんなになかよしだったのに…

あんなになかよしだったのに…

  • 絵本
作・絵: かさい まり
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784893257390

23×21cm・40P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

仲良しのこぐま、だいとちい。ある日、いっしょに木登りしていた ときのこと。
「あはは、よわむしだな。」ふとだいが言った一言が、ちいの心を 傷つけました。
いつしかだいと遊ばなくなるちい。だいはふざけて言った自分の言 葉の重さに気がつきます。
そして…。日ごろ何げなく使っている言葉の一言一 言の大切さに気づかせてくれる絵本です。

あんなになかよしだったのに…

ベストレビュー

学べて微笑ましい良作!

軽い言葉が他人を傷つけること、ありますよね。
そしてそれに当人は気付かない。

でも、相手が傷ついたことが分かって、考え、行動した「だい」はとっても偉いなァと思います。
なかなか素直に言えない「ごめん」も、ずっとなかよしのためには必要なことなのです。

最後のオチでは思わず頬が緩んでしまうシーンもあり…

この本、絶対自分の子どもには読んであげたいなと思いました。
ママやパパは是非読んであげてください♪
(まなみん♪さん 20代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > あんなになかよしだったのに…

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

あんなになかよしだったのに…

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット