となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
ぼくのじんせい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのじんせい

作: 丘 修三
絵: 立花尚之介
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのじんせい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1997年12月
ISBN: 9784591055243

小学校高学年〜
サイズ :22cm x 15.5cm ページ数 :144ページ

ベストレビュー

障害をもった子どもの気持ち

障害をもったシゲルの独白のような物語です。
丘修三さんは自分の経験を生かして、シゲルという主人公を作り上げました。
同じような病気で先輩の青木さんはなくなりました。
小さいころ自分をかわいがってくれた父親は、自分が障害を持ってから自分を見る目が変わりました。
そして、離婚。
母親も自分の介護に疲れたようです。
かつてはお兄さんと慕ってくれた妹にも、自分の世話を言いつけられるようになって、自分が疎ましい存在になったようです。
現実の厳しさの中で、「自分はいきているんだ」と思うシゲル。
気の持ちようで、今の自分に絶望したり、自分を肯定したり…。
重い話です。
あまり子供が手にとらない本かもしれません。
しかし、この本には障碍者の立場に立たないとわからない事が書かれているのです。
健常者にこそ読んでほしい本ではないかと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ


丘 修三さんのその他の作品

太一さんの戦争 / けんかともだち / 黒ねこガジロウの優雅な日々 / 希望の筆 ダウン症の書家・金澤翔子物語 / ラブレター物語 / 偕成社文庫 少年の日々

立花尚之介さんのその他の作品

口で歩く



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

ぼくのじんせい

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット