もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
紙芝居 かあさんのイコカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 かあさんのイコカ

作・絵: 降矢 洋子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥3,000 +税

「紙芝居 かあさんのイコカ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784494089376

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・24場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一人の娘が小川でイコカ(しゃもじ)を洗っていると、流されて…。

ベストレビュー

アフリカの民話・紙芝居です!!

アフリカ民話の紙芝居です。
図書館で、ふっと目に留まってそのタイトルとあらすじに惹かれて借りてきました。
21場面もあり物語が結構長いので、あまり小さいお子さんやお年寄りの聞き手に読むには、ちょっと辛いかもしれませんが、機知に富んだ面白いお話でした。

このお話の流れはヨーロッパやアメリカにも似たようなお話があります。(日本の昔話でいちばん近いのは「すずめのお宿」でしょうか?)
善良な少女が、ふとしたことで異界に入り込み、そこに住む魔物のいうことをいくつかきいて、そのお礼として“箱(サイズ大・小選ぶことができることが多い)”をもらって帰ってくると、中からとても素晴らしい宝がでてくる昔話(民話)です。
長い話では「隣の○○タイプ」が続きでついていて、
この「イコカ」でも隣の意地汚いおばさんが、「それじゃ、うちの娘もその異界にやらそう」と欲をかきます。
意地汚い隣の人は大概最低な目にあってしまいますけど、聞き手はそこが面白いのだと思います。

画もはっきりとしていて見やすいですし、元々民話なのでお話はとても分かりやすいです。
今度機会があったら、小学校の高学年のお子さんたちに読んでみたいです。
ちなみに「イコカ」というのは、しゃもじのようなものでした。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

降矢 洋子さんのその他の作品

紙芝居 サンポじいさんの いし / 紙芝居 いなむらの火 / 紙芝居 いのちを守る防災かみしばい じしん・つなみ・たいふう [全3巻] / 紙芝居 たなばたのおはなし / 紙芝居 おおぐいのダチョウ / 大型紙しばい いなむらの火



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

紙芝居 かあさんのイコカ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット