新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

紙芝居 けが、けが、けんた(けが)

紙芝居 けが、けが、けんた(けが)

作: 関山みどり
絵: 尾崎 曜子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1991年09月
ISBN: 9784494078271

4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

※この紙芝居は分売していません。「こんなとききをつけようネ! 」セットでご購入下さい。

出版社からの紹介

けがばかりしているので、けんたは、みんなから「けが、けが、けんた」と呼ばれていました。
きょうも、けんたはけがをして…。

ベストレビュー

子どもにはつきもの

けがは子供にとってつきものです。

おっちょこちょいというか、注意不足というか・・・。

いろんな種類のけがや危険な内容が描かれていました。

とても参考になると思います。

読みながら、

「これは真似しないでね」とか

「これはあぶないね」とか教えながら読めます。

話の途中で教えなくても文章自体が

そうやって問いかける文章になっていました。

なのでおはなし会や保育園等で読むのに

最適だと思います。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

関連記事

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > > 紙芝居 けが、けが、けんた(けが)

2022年秋冬 今読みたい絵本9選 西日本ファミリー読書レビューコンテスト

紙芝居 けが、けが、けんた(けが)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット