すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
紙芝居 ジャックとまめのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ジャックとまめのき

作: 堀尾青史
絵: かみや しん
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1986年05月

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面
イギリス民話
※こちらは「世界の名作 第1集」シリーズのセット商品で分売不可になります。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

牛と豆をとりかえておこられたジャックが、豆を庭にすてると、
スルスルと茎がのびて豆の木は天にまでとどく高さになりました。

ベストレビュー

「怖かったけれど、よかったねー」

紙芝居に興味が出て来た2歳11か月の息子に、図書館で借りてみました。
紙芝居は絵本に比べて読みやすいようで、
大好きな乗物話のほかに、昔話や民話を紙芝居で借りるようにしています。

これは、12枚構成で長くもなく、短くもなく。
大きな豆の木が出て来たり、巨人が出て来たり、、
インパクトのあるわかりやすいストーリーだと思って借りましたが、
想像通り、息子も理解したようで、とても喜んでいました。
また、節分で「鬼」の怖さも認識したあとだったので、
鬼に似たような「大男」の怖さも、よく感じたようでした。
「怖かったけれど、よかったねー」と読んだあとに息子は感想を述べていました。
ジャックに感情移入ができたようでした。

こんなふうに昔話の楽しさも、どんどん知ってほしいなあ。
昔話を読むのに、導入として、とてもいいと思います。
(トゥリーハウスさん 30代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


堀尾青史さんのその他の作品

西鶴諸国ばなし  / かもとりごんべえ / てんにんのはごろも / 紙芝居 こぐまのこぐちゃん / 紙芝居 こねこのしろちゃん / 紙芝居 てぶくろ

かみや しんさんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / あなたはだぁれ / ひもが つくる かたち / 偕成社文庫 少年の日々 / 犬どろぼう完全計画 / とげとげ おなもみ くっつきたーい



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

紙芝居 ジャックとまめのき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット