話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

紙芝居 モモちゃんとかた目のプー

紙芝居 モモちゃんとかた目のプー

作: 松谷 みよ子
絵: 鈴木 未央子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
  • Line

作品情報

発行日: 1974年10月
ISBN: 9784494078479

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある朝、モモちゃんがねこのプーを見ると、片目があいていません。
目ぐすりをつけてあげようとすると、プーは…。

ベストレビュー

ねこも大変

片目が開かないねこのプーを気づかうモモちゃんと、抵抗するプー、どちらも大変です。
家にネコがいたら、ごく普通の光景でしょうが、モモちゃんにとっては大事件でした。
恐がったり、嫌いになったりしないでくださいね。
お父さんもとてもユーモラスです。
モモちゃんシリーズの図書で、お父さんがこの先どうなるかを知っているだけに、印象的です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

てんじつきさわるえほん いないいないばあ / いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット / 紙芝居 たこやたこざえもん / 松谷みよ子かみしばい民話傑作選(全6巻セット) / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ

鈴木 未央子さんのその他の作品

松谷みよ子かみしばいちいさいモモちゃん(全6巻セット) / 紙芝居 ちゅうしゃにいったモモちゃん / 紙芝居 はのいたいモモちゃん / 紙芝居 あめこんこん / 紙芝居 モモちゃんのおみせやさん / 紙芝居 モモちゃんがあかちゃんだったとき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 モモちゃんとかた目のプー

湯本香樹実さん「橋の上で」インタビュー 「その夜」を越すために

紙芝居 モモちゃんとかた目のプー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット