新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
紙芝居 おつきさんにばけたいの

紙芝居 おつきさんにばけたいの

原作: 新美 南吉
脚本: 三谷 亮子
絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1997年05月
ISBN: 9784494087525

4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お寺のうらにすんでいるタヌキのおかあさんは、坊やに化け方を教えます。
おかあさんはお坊さんに化けて見せ、坊やは小僧さんに…。<復刊版/初版:1997/5/1>


ベストレビュー

変化(へんげ)していく場面が笑えます。

原作が新美南吉の「ひろりげた」なので、12場面もあります。
おはなしになれていない子にはやや長いので、この紙芝居を演じる場所は、おはなし慣れした子どもたちの前がお薦めです。

子だぬきが早く目を開けてしまって、母さんだぬきが化け切っていない場面展開は、
(子だぬきや、見ている小さな子どもたちにはちょっと怖いかもしれませんが…)
長野ヒデ子さんが変化(へんげ)の様子をうまく表現してくれていているので、ある程度の年齢になっていればなかなか笑えるシーンです。

新美南吉の原作なので、言葉がややむかしっぽい語り口調ですが、そこが味わいがあって紙芝居らしなとも思いました。
ラストがほっこりあったかくで好きです。
お月さまがきれいに見え秋に演じてみたいです。
5,6歳から小学校低学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 おつきさんにばけたいの

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

紙芝居 おつきさんにばけたいの

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット