かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
紙芝居 おつきさんにばけたいの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おつきさんにばけたいの

絵: 長野 ヒデ子
原作: 新美 南吉
脚本: 三谷 亮子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1997年05月
ISBN: 9784494087525

4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お寺のうらにすんでいるタヌキのおかあさんは、坊やに化け方を教えます。
おかあさんはお坊さんに化けて見せ、坊やは小僧さんに…。<復刊版/初版:1997/5/1>


ベストレビュー

かあちゃんがいちばんいい

お寺のうらに住んでいる、おかあさんたぬきと、ぼうやのたぬきのお話です。
化ける練習で、おかあさんはお坊さんに、ぼうやは小僧さんに化けます。
でも、ぼうやは、化けることには興味がなく、まだまだおかあさんにべったりと甘えていたいだけでした。というところで終わりです。
穏やかな終わり方なので、うちの娘はオチがわからないと言っていました。
子どもが親にくっついてきてくれるのも、ほんの一時期だけだなあと思いました。

夏の終わりのイベントで披露する紙芝居をさがしていますが、このお話は盛り上がりがいまひとつなので見送ることにしました。
(みいのさん 50代・ママ 男の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新美 南吉さんのその他の作品

ごんぎつね / きつね / 巨男の話 / のら犬 / げたにばける / 国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう

三谷 亮子さんのその他の作品

紙芝居 しあわせの王子

長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

紙芝居 おつきさんにばけたいの

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット