話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
体験取材!世界の国ぐに 43 南アフリカ

体験取材!世界の国ぐに 43 南アフリカ

文・写真: 岡崎 務
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥3,080

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784591107799

29cm x 21.5cm・48ページ
峯 陽一・監修

出版社からの紹介

アパルトヘイト撤廃を果たして15年。
多民族、多人種がともに暮らす国をめざし、今、大きく変わりつつあります。

ベストレビュー

複雑な歴史 複雑な思い 光も強く、影も濃い国

2009年刊行。南アフリカの地理、歴史、文化、食生活や学生たちの様子、日本人学校などを紹介する写真絵本。

ネルソン・マンデラ氏や、ワイン、鉱物資源などが有名な国という印象だった。どうしてマンデラ氏が登場したか?有名なのかは、この国の歴史や社会を知るとわかる。

大航海時代から、ヨーロッパ人に勝手に支配され、先住民は追い出され、移民どうしも揉め事が絶えず、様々な利権を争い戦争が起き…
複雑な歴史を背景にして、地域差や格差ができたことがわかる。
他の民族を無理やり抑え込んだり、自分たちだけ儲けようとするとろくなことがない。それなのに、いつの時代もどこの地域でも同じようにして争いが起きる。

闇も濃いが、光も強い印象を受けた。
祖先が大変な思いをしてきたことで、教育や福祉、経済格差の問題などを広く人に伝え、改めさせる試みも。
貧しい人たちは、なければないなりに工夫して、助け合って生活している。それぞれの民族の違いを尊重して暮らしているので、「みんなが同じでなければならない」という圧力もない。
いろいろ問題はあるが、意外と楽し気な雰囲気が見られた。うれしいと踊るし、なんだかいいな。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡崎 務さんのその他の作品

さぐろう生物多様性 身近な生きものはなぜ消えた? / 田んぼの植物なるほど発見! / 田んぼの生き物わくわく探検! / 縄文人のくらし大研究 / どんぐりころころ大図鑑 / 紅葉・落ち葉・冬芽の大研究


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 地理 > 体験取材!世界の国ぐに 43 南アフリカ

外遊びや散歩が楽しくなる絵本3選

体験取材!世界の国ぐに 43 南アフリカ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット