新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

体験取材!世界の国ぐに 44 マダガスカル

体験取材!世界の国ぐに 44 マダガスカル

文・写真: 渡辺 一夫
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥3,080

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「体験取材!世界の国ぐに 44 マダガスカル 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784591107805

小学校高学年〜
29cm x 21.5cm・48ページ
深澤 秀夫・監修

出版社からの紹介

独自の動植物をはぐくんだ自然と、アフリカの中でもアジアに近い文化を持つのが特徴です。
緑あふれる自然が、人々の心を豊かにしています。

ベストレビュー

アジアっぽいアフリカ

2009年発行。アフリカ大陸の東南にある世界で4番目に大きい島、マダガスカル島。熱帯の島で暮らす人々の日常生活や、小学生の学校生活、農村や漁村の仕事、結婚式などの宗教行事を取材した写真絵本。巻末には歴史や経済などの詳しい資料付き。

不思議な島で、独自の生き物や植物があり、その歴史もわからないことが多い。人類が住み始めたり、交易船が到着したりしてからようやく記録に残るようになったらしい。
マダガスカルと言えば、バニラ。他のことは全然知らなかった。マダガスカルでは米の栽培が盛んで、たくさん米を食べる。農業は手作業が多く、どことなくアジアの昔の風景のようで、妙に懐かしい感じがした。都市部と農村部での生活が全く違い、農村部では井戸も水道もなく、毎日何回も水汲みをしたり、農作業などを手伝うために学校にいかない子どももいる。設備は整っておらず、物資も人材も不足しがちな環境でも、将来は「村の人を助ける医者になりたい」「お米がもっと出来るよう、農業を勉強したい」という子どももいる。家に帰れば勉強よりも、手伝いや小さい子の世話などをするから、「道草しながら返る時間」が一番楽しい、という子もいる。

いろんな状況の人生が垣間見えたが、どの人も受け入れて、人生を楽しもうとする様子が感じられた。現地で働いている日本人の記事もあり、マダガスカル人の心の温かさが伝わってくる。
バニラやコーヒー、バオバブの木などと共に、マダガスカル人のことも思い出したい。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 地理 > 体験取材!世界の国ぐに 44 マダガスカル

みんなで参加しよう!えほん祭

体験取材!世界の国ぐに 44 マダガスカル

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット