新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
紙芝居 貝の火

紙芝居 貝の火

  • 絵本
作: 川崎 大治
絵: 久保雅勇
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,090

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1966年03月
ISBN: 9784494076758

小学生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うさぎのホモイはひばりの子を助けて、鳥の王様から〈貝の火〉という美しい玉をもらいます。
きつねにそそのかされたホモイは…。

ベストレビュー

貝の火が教えてくれること

子ウサギのホモイが、魔法の貝の火を通して成長していく物語です。
無心でヒバリの子を助けたホメイが、ヒバリの母親からもらったのは、宝物の貝の火。
どの様な魔法があるのかは不明ですが、キツネの悪巧みで、色が変わったり、砕けてしまったり、飛んでいってしまったり、ホメイの行動で様々に変化します。
多少、ホメイに甘いような気もしましたが、人の命の尊さを学ぶことになったのではないでしょうか。
宮沢賢治の道徳観を読み取りました。

(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本



『父さんのゾウ』悲しみから立ち直る家族の物語

紙芝居 貝の火

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット