ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 とりのみじっちゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 とりのみじっちゃ

絵: 宮本 忠夫
脚本: 斎藤 純
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年09月
ISBN: 9784494075386

3歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小鳥をのみこんでしまったじっちゃ、へをするといい香りがして
”ちんちょろりん”といい音がする。お城のとのさまが喜んで…。

ベストレビュー

ゆかいな名作

このお話、初めて知りましたが、とってもおもしろい。

とりのみじっちゃというのは、鳥を飲み込んだおじいさん

という意味でした。

キレイな鳴き声で鳴く鳥を飲み込んでしまったら

その鳴き声がおならとして響くようになったおじいさん。

鳥をどう、取り出そうとするのか気になりましたが、

取り出す様子は全くなく、不思議でした。

殿様に気に入られ、ほうびをもらい、

それをまねした隣の老夫婦が最高に笑えました。

ほのぼのとした笑いがあっていいと思います。

おなかに入った鳥はどうなるのか、そこも気になりますね。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮本 忠夫さんのその他の作品

読書リレー(3) 1〜2年生 くわせろ / 読書リレー(2) 5〜6年生 頭蓋骨のたんこぶ / とっておきのあさ / 松谷みよ子 おはなし集3 / やぶ坂からの出発 / やぶ坂に吹く風



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

紙芝居 とりのみじっちゃ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット