ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
紙芝居 いたずらぎつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 いたずらぎつね

  • 絵本
絵: 藤本 四郎
脚本: 桜井 信夫
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1984年09月
ISBN: 9784494077694

3歳〜小学校1・2年生
松谷 みよ子 監修
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

人を化かしてばかりいるいたずらぎつねを反対に化かして、
こらしめてやろうと、こぞうさんはおしょうさんに化けたきつねを…。

ベストレビュー

娘が大好きです。

図書館で、紙芝居を選ばせると、かなりの確率で娘は
この本を選んできます。
いつもいたずらばかりするきつねを、小僧さんがこらしめようと
頭を使います。
ある日、和尚さんに化けたきつねを、寺に持ち帰ることに
成功しました。
最後のオチを理解するのに、娘は少し無理があるかなと
思いましたが、なんとなくわかっているようで、
いつもにやけ?ながらみていますよ。
紙芝居って、わたしも大好きでしたが、
絵本とはまた違って、子供たちを引き付けますね。
(ラズベリーテッドさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桜井 信夫さんのその他の作品

紙芝居 とうめい人間 / 紙芝居 なんだろう?

藤本 四郎さんのその他の作品

あの日とおなじ空 / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし / 紙芝居 あとかくしの雪 / しあわせなろば / みんなの聖書・絵本シリーズ 36 せかいは新しくなる



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

紙芝居 いたずらぎつね

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット