ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
どこへいってた?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どこへいってた?

作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: バーバラ・クーニー
訳: うちだ りさこ
出版社: 童話館出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784924938588

おはなし

 「ねこ ねこ どこへ いってた? あっち きょろきょろ こっち きょろきょろ ぶらぶらしてた……」。りす、さかな、ことり、うま、ひきがえる、かえる、もぐら……と動物たちが次々に登場し、自分たちの喜びに満ちた生活ぶりを軽やかな詩のリズムにのって伝えます。

みどころ

 リズム感あふれる言葉の世界を通して、動物たちの姿が生き生きと描かれた詩の絵本。りすはアイススケートで踊り、魚は水の中を泳ぎ、小鳥は空高く飛び、馬はクローバーの原っぱでうっとりする……。何気ないけれど幸せいっぱいの日々のひとときが、ときには擬人化を伴い、版画の黒と効果的に着色された柔らかい赤のみで描かれます。質問を投げかけ、それに答える形で語られる対話形式は、作品とのふれあいをさらに深めるきっかけになるでしょう。
 小判サイズ(17センチ×15.5センチ)は子供の手の大きさに合い、ささやかな動物たちのつぶやきを演出する隠し味になっているかもしれません。子供の心を知り尽くした作者コンビならではの、凛とした輝きを放つ秀作です。最後のからすの一言は、機知に富んでいますよ。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

初めてであった「詩」的な絵本。

 娘が3歳の頃、初めて買った「詩」的な絵本です。そのころ、簡単な物語を読み始めていたので、独特の語り口調がとても新鮮だったようです。

 黒と赤だけで描かれた素朴な挿絵が、独特の世界観を作り上げています。

 「どこへ いってた?」の繰り返しで、たくさんの動物が登場するところも、娘のお気に入りでした。
(JOYさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん / まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ / クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ

うちだ りさこさんのその他の作品

ねことおんどり / でてこい ミルク! / カーニバルのおくりもの / おんどりとぬすっと / みかづきいちざのものがたり / マルチンとナイフ



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

どこへいってた?

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット