だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あめ ぽぽぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あめ ぽぽぽ

  • 絵本
作: ひがし なおこ
絵: きうち たつろう
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784774316208

乳幼児から
たて18.8cm×よこ18.8cm
B5変型・24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。
ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…など、
歌人・東直子がつむぐ、リズミカルに光る言葉の数々。
子どもも大人も心地よくなる、雨粒が語りかけてくる絵本です。

歌人・東直子の世界をさらに豊かな絵本に昇華させているのは、世界的に活躍する画家・木内達朗。そして絵本『としょかんライオン』(岩崎書店)、芥川賞受賞作『ポトスライムの舟』の装丁などを手掛ける若手人気デザイナー・名久井直子とのコラボレーションにも注目です。


あめ ぽぽぽ

ベストレビュー

やわらかい♪

この絵本は,ぜひ梅雨の時期に読んでいただきたい
と思います。
雨ってうっとおしいなって思ってしまいがちですが,
この絵本を読むと,雨がなんだかかわいらしく
思えてきます。
やわらかな感じの絵がかわいいです。
おすすめは,雨が降っているページなのですが,
雨粒におかおがかいてあるんです。
細かいんですけど,とってもかわいくて
ほほえんでしまいますよ♪
(スケボウさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひがし なおこさんのその他の作品

さわさわもみじ / うみ ざざざ / ゆき ふふふ / ほわほわさくら



風変りで美しい表現方法がたくさん!

あめ ぽぽぽ

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット