もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
そっといちどだけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そっといちどだけ

  • 絵本
作: なりゆき わかこ
絵: いりやま さとし
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784591109472

小学校低学年〜
23cm x 23cm・39ページ

出版社からの紹介

10さいになった盲導犬のステラは、ときどきミスをするようになった。
あかねさんは「ドンマイ、ステラ」とはげましてくれる。・・・ステラは引退の年になった。

ベストレビュー

4歳の息子が涙

盲導犬ステラ。
目が不自由なあかねさんとの出会いから、いっしょに生活をした日々、そして年老いて引退(別れ)のときまでのお話です。
犬の話は子供たちとよくしますし、盲導犬の存在も知っている子供たちなので、真剣に耳を傾けてくれました。
盲導犬という大きなテーマの中で、盲導犬の仕事はパートナーを守ること、守ることができなくなったときは引退のときなのだという細かい部分まで教えてくれる絵本です。

読み終わると、4歳の下の息子は、涙を浮かべて抱きついてきました。「なんかこのお話悲しい〜」だそうです。うちにも犬がいるので、愛犬との別れを想像してしまったのかな?優しい心を持ってくれているなぁ、と親ばかながらに、その姿に感激しました。
(環菜さん 20代・ママ 男の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なりゆき わかこさんのその他の作品

天国に行った看板ねこなな / そうだ、おてがみかこう / つむぎがかぞくになった日 / こねこのモモちゃん美容室 / はなこ 八月七日にひろったこねこ / かわいいこねこをもらってください

いりやま さとしさんのその他の作品

パンダ なりきりたいそう / パンダ ともだちたいそう / ゆうえんちべんとう / もりで いちばんの クリスマスツリー / ラッキーのおるすばん / ぴよちゃんの知育えほん おおきいちいさい



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

そっといちどだけ

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット