ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ペンキや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペンキや

  • 絵本
  • 児童書
作: 梨木 香歩
絵: 出久根 育
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「ペンキや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784652040225

22×17cm/47ページ

出版社からの紹介

喜びや悲しみ、浮き浮きした気もち、寂しさ、怒りや諦め、みんな入った「ユトリロの白」を塗り続けたある職人の一生を綴る絵本。

ベストレビュー

ユトリロの白

淡々としたお話だけど、とても深みのあるお話です。
人の心を色にする、その人に合った色を作る。
ペンキやにとって、色って微妙に違っていること、その色を作ることがとても大変でもあり、やりがいのあることなのです。
芸術家ではなくて職人。
ペンキやの一生と、ペンキやの魂が凝縮されています。
そして、何よりスゴイのは絵。
この話の命は色の微妙な表現です。
ここで絵を描くことは、自分を試されることかも知れません。
ユトリロの白、元気の出るレモンイエロー、思い出が滲むような水色…。
絵を描いた出久根さんは、主人公のしんやになりきって描いたのでしょうか?
この絵本が私の気持ちを吸い取ってくれるよう。
心がしんとおさまっていきます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

梨木 香歩さんのその他の作品

岸辺のヤービ / 僕は、そして僕たちはどう生きるか / エンジェルエンジェルエンジェル / 家守綺譚 / 蟹塚縁起 / ワニ

出久根 育さんのその他の作品

岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / トロルとにひきのいたずらこやぎ / あめふらし / にひきのいたずらこやぎ / クレヨンマジック



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ペンキや

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6



全ページためしよみ
年齢別絵本セット