うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ペンキや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペンキや

  • 絵本
  • 児童書
作: 梨木 香歩
絵: 出久根 育
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784652040225

22×17cm/47ページ

出版社からの紹介

喜びや悲しみ、浮き浮きした気もち、寂しさ、怒りや諦め、みんな入った「ユトリロの白」を塗り続けたある職人の一生を綴る絵本。

ベストレビュー

ユトリロの白

淡々としたお話だけど、とても深みのあるお話です。
人の心を色にする、その人に合った色を作る。
ペンキやにとって、色って微妙に違っていること、その色を作ることがとても大変でもあり、やりがいのあることなのです。
芸術家ではなくて職人。
ペンキやの一生と、ペンキやの魂が凝縮されています。
そして、何よりスゴイのは絵。
この話の命は色の微妙な表現です。
ここで絵を描くことは、自分を試されることかも知れません。
ユトリロの白、元気の出るレモンイエロー、思い出が滲むような水色…。
絵を描いた出久根さんは、主人公のしんやになりきって描いたのでしょうか?
この絵本が私の気持ちを吸い取ってくれるよう。
心がしんとおさまっていきます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


梨木 香歩さんのその他の作品

岸辺のヤービ / 僕は、そして僕たちはどう生きるか / エンジェルエンジェルエンジェル / 家守綺譚 / 蟹塚縁起 / ワニ

出久根 育さんのその他の作品

いたずらこやぎと春まつり / 岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / トロルとにひきのいたずらこやぎ / あめふらし / にひきのいたずらこやぎ



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

ペンキや

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7



全ページためしよみ
年齢別絵本セット