話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

おとうさん

おとうさん

作: シャーロット・ゾロトウ
絵: ベン・シェクター
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

税込価格: ¥1,485

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784887470910

A5

ベストレビュー

満たされぬおもいや傷ついた経験もまた…

 ゾロトウさんの作品は、等身大のこどもたちの心象風景を描いたものが多いように思います。
 ハーパーコリンズ(ハーパー・アンド・ブラザーズ)で、あのモーリス・センダックの存在を世に知らしめた編集者アーシュラ・ノードストロムの秘書を経て、編集者そして児童書作家になられた方だそうです。

 主人公の男の子の独白です。
 男の子には、父さんがいません。
 母さんが話してくれた父さんは男らしく立派だ。
 
 もし父さんがいたら、こんな父さんに違いないと語ります。
 まさしく、子どもの理想のお父さん像です。
 日々の生活で男の子が、どんなにか『父さんがいたら…。』を繰り返し思い描いていたかが、切々と伝わってきました。
 こどもはこういうことを求めているのか、と気づかされたこともあります。
 
 両親が揃っているから、良く育つわけではない。
 満たされぬおもいや傷ついた経験もまた、子どもを成長させてくれるようにも思われます。
  
 原作では、父さんは戦死していないようです。
 とすると、母さんの息子への父さんを語る姿勢が、一層素晴らしく思えてきます。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

ねえさんといもうと / かあさん、だいすき / そらはあおくて / おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・

ベン・シェクターさんのその他の作品

けんか / なかよし

みらい ななさんのその他の作品

青い花の えかきさん / おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / くものがっこう / なかなおり



湯本香樹実さん「橋の上で」インタビュー 「その夜」を越すために

おとうさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 1
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット