もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
のれたよ、のれたよ、自転車のれたよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のれたよ、のれたよ、自転車のれたよ

作: 井上 美由紀
絵: 狩野 富貴子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「のれたよ、のれたよ、自転車のれたよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年08月29日
ISBN: 9784591069417

小学初級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小学校3年生のとき、ラジオで自転車の詩を聞いた美由紀さんは、自転車にのってみたくなった。おかあさんのきびしい特訓をうける。

○内容紹介
わずか500グラムで生まれた井上美由紀さんは、生まれながらにして視力をうしなわれていた。美由紀は母・美智代のなんでも体験させる教育で、ゆたかな幼児期をおくり、のびのびとした少女に成長した。
小学校三年生のとき、美由紀はラジオで自転車の詩を聞き、自転車に乗りたくなった。おかあさんとグランドで自転車のりの練習をすることになった。きびしい特訓がはじまった。

○著者紹介
・井上美由紀(いのうえ みゆき)
1984年、福岡県久留米市に体重わずか500グラムの超未熟児として誕生。視力を失いながらも危機を脱した。福岡県立福岡盲学校小学部、中等部をへて2000年、福岡高等盲学校に入学、現在2年生で在学中。

○編集部より
『のれたよ、のれたよ、自転車のれたよ』はベストセラー『生きてます、15歳。』から生まれた絵本です。この絵本は、井上美由紀さんの感動的なわかりやすい文と美しい狩野富貴子さんの絵で表現されています。狩野さんの絵で美由紀さんはとても可愛らしく、またいきいきと描かれています。小学生以上でしたら一人で読めます。未就学でしたら、おかあさんが読み聞かせるのがいいと思います。

ベストレビュー

だれでもがんばればできる

この絵本にでてくる「美由紀」という女の子は目が見えないという障害をもって生まれてきました。しかし、お母さんはくじけず普通のこと同じように美由紀を育てていました。
絵本には美由紀が自転車に乗れるように練習することが書かれています。美由紀は転んではおきて、転んではおきてと何度も何度も自転車に挑戦しました。最後、乗れるようになったときにはすごくうれしくて涙がでましたね。息子も自転車の練習をしているのでなおさらです。美由紀さん本人がこの絵本を書かれています。
(たまっこさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 美由紀さんのその他の作品

私の生き方文庫(新書版) 生きてます、15歳。

狩野 富貴子さんのその他の作品

ひみつの花園 / なかよしおまもり、きいた? / モモンガくんとおともだち / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花 / 白い自転車、おいかけて / おばあちゃんはかぐやひめ



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

のれたよ、のれたよ、自転車のれたよ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット