すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
どうながダック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうながダック

作・絵: 永田 力
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥743 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どうながダック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784834014952

ベストレビュー

本当は強くて優しいいじめられっこ

いつも、2わのあひるにいじめられている、胴長の犬(ダックスフンドかな?)のダックが書いた作文のような絵本です。
あひるたちのいじめはひどいです。ダックのごはんをすっかり食べてしまったり、ダックの耳をくちばしでひっぱったり、悪口を言いながら追いかけたり・・・それなのに、のらねこがあひるを食べようとねらっているのを見過ごさず、ダックはねこを追っ払ってやるのです。あひるたちは、それで改心したかと言えば違って、ねこが来た時だけ利用して、いじめを止めようとしません。
ある日ダックは決心して、あひるたちを公園に追い払いますが・・・。
人間界の縮図を見ているようで、せつなくなります。いじめっこのことを最後まで思いやるダックこそ、本当は強い犬なのかもしれません。
「いじめられる側にも問題がある。」とか、よく耳にしますが、それは、決して言ってはいけないことだと私は思います。どんな時でも、相手が誰であっても、いじめは許されないことを、親は子供に伝えるべきだと思います。
絵本にはあまり使われない、シックな茶色をベ−スにした絵が素敵で、古い(1966年初版)のに、古さをまったく感じさせない(どちらかと言えば斬新とさえ思える)、不思議な魅力のある絵本です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

どうながダック

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29




全ページためしよみ
年齢別絵本セット