こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
これ1冊で、「こどもの日」のことがまる分かり!
なーお00さん 30代・その他の方

ストーリー仕立てで分かりやすいです
しっかりとしたストーリー仕立てになって…
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
ヒロシマのいのちの水
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヒロシマのいのちの水

  • 絵本
作: 指田 和
絵: 野村 たかあき
出版社: 文研出版

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784580820616

幼児から小学校低学年向き
A4変型判(263mm×214mm)・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヒロシマの託児所で保母さんをしていた宇根さん。
1945年8月6日、被爆して水を求める人に、「すぐ持ってきてあげる」と約束したのに、
それを守ることはできませんでした。戦後10年が過ぎ…。

ベストレビュー

こんなお話もあったのですね

広島原爆に関わるエピソードの一つ。
託児所で保母さんをしていた宇根さんが、原爆の投下されたあと見当たらぬ子どもたちを探して歩いた広島の街で目にしたのはまさに地獄でした。
そして、その街で水を欲しがる人たちの願いをかなえてあげられなかったことを、ずっと心の中に負い目として抱えていました。
戦後10年、思わず近い場所に滝を見つけ、宇根さんは原爆慰霊碑に献水することを自分の生活にしたのです。
大きなことのように思えなくても、それが50年以上続けるということはとてもまねができることではありません。
平和を考えるとき、この継続の重さの中で自分たちは何ができるか、そんなことを考えさせられました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


指田 和さんのその他の作品

あしたがすき / 海をわたったヒロシマの人形

野村 たかあきさんのその他の作品

なくなタケシ / おばあちゃんのひなちらし / へぇこいたのだれだ? / おばあちゃんのななくさがゆ / あめふりうります / ないたあかおに



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

ヒロシマのいのちの水

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット