あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
いじわるブライアン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いじわるブライアン


出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いじわるブライアン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

おもしろかったです

めいたんていシリーズのシャーマットの作品ということで、読んでみました。

六年生なのに、一年生にまでいじわるしてしまうブライアン。

それも、スクールバスという密室状態の中なので、親としてはこんな子がいたら、心配で学校に行かせられないなあと思いました。

でも、児童書の中のいじめっ子ってどこか憎めない感じで、ちょっと魅力的だったりもします。

ブライアンだけでなく、ブライアンに立ち向かっていこうとするチャーリーやマックスも魅力的で生き生きと描かれていると思いました。

ブライアンが取っ組み合いになった時の校長先生のくだした罰がおもしろかったです。

日本ではこんな罰はできないかもしれませんが、ブライアンの悲哀が伝わって来て、息子とクスクス笑ってしまいました。

チャーリーが「ブライアンはきっと、みんなに自分をみてもらいたくて、らんぼうやいじわるをしていたのよ」という見方には大きくうなずけるものがありました。

シャーマット作品は、登場人物の性格設定がしっかりしているし、読みものとしても楽しいと思います。
自分で読むなら中学年から、読み聞かせれば低学年からOKです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ




2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

いじわるブライアン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット