だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
ひらがなにっき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひらがなにっき

作: 若一の絵本制作実行委員会
絵: 長野 ヒデ子
出版社: 解放出版社

本体価格: ¥1,900 +税

「ひらがなにっき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784759222432

36頁

出版社からの紹介

幼い日、学校に行けず文字を読めず書けず,苦労したおばあちゃんの明るくたくましい日常。魂をのせて文字を書く日記が、文字を獲得する喜びにあふれた絵本になりました。

文字を知らずに生活することは、過酷です。
この絵本は、文字を獲得していく人の日常をユーモラスに描き、
文字が読めるようになる、書けるようになる、喜びが表現されています。

ベストレビュー

読み書き出来ない不便さ

1925年(大正14年)に生まれた吉田一子さんの実話です。
吉田さんは 2歳の時にお母さまを亡くされ、よそにもらわれました。
7歳頃から子守をしていたので学校に行けず、読み書きも出来ません。
この絵本では、長野ヒデ子さんのユーモアをまじえたイラストで
読み書きの出来ない不便さが描かれています。

吉田さんは読み書きが出来なかったため、
ラーメンを食べようと思ってもメニューが読めなくて諦め、
銀行で引き出しの手続きをしようとしても
自分の名前すら書けないばかりに、お金を下ろすことさえ出来ない。
駅で落書きを見て、ビックリすると同時に悲しくなったことなど。

そんな吉田さんは還暦を過ぎてから、識字教室に通い始めました。
病院で自力で書いた名前を 看護師さんが呼んでくれた時、
どんなに嬉しかったかが、とてもよく伝わりました。

あとがきに識字教室の様子や、吉田さん直筆の「ひらがな日記」が
掲載されています。拝読しているうちに、自然と目頭が熱くなります。
日本は世界的に見ても、識字率がかなり高いだろうと思いこんでいましたが、
部落問題などから学校に行けなかった方が、少なからず いらっしゃるのですね。
1990年が国際識字年と制定されて20年近く。
読み書きが出来ないばかりに苦労を強いられる人がいなくなることを願います。

長谷川義史さんの作品「おたまさんの おかいさん」同様、
大阪が舞台となったお話で、関西弁で書かれています。
そして、どちらの話も 部落問題や戦争などの複雑な時代背景に左右されて
自由や通学などを手にすることが難しかったことが伝わって胸が痛みます。
戦争もなく、選挙権や自由を簡単に手にしている私たちは、
当然と思っている身の回りのことに、もっと感謝すべきだと考えさせられました。
自分の予測外の大変な状況の方がいらっしゃるのだということを知るために
ぜひ子ども達に読んで欲しい1冊です。
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ひらがなにっき

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット