ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

一緒に楽しい旅を
全ページお試し読みで読みました。 船…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
6わのからす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

6わのからす

作・絵: レオ・レオーニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年5月
ISBN: 9784751525227

小学校低学年〜
27.7×22.7cm・32頁

関連するスペシャルコンテンツ


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力

出版社からの紹介

ムギをめぐって6わのからすと農夫が知恵くらべ。でも、そんなことをしているあいだに畑のムギは…。
敵だと思いこんでいた相手とだって、ちゃんと話せば、きっとわかりあえる。

6わのからす

ベストレビュー

それは、言葉のマジック

どちらが、より愚かなのか、カラスたちと農夫との闘いが
だんだん激しくなります。
見ていたフクロウが、仲裁に入ろうと努力をします。
話し合いに手遅れはない。
言葉には、魔法の力がある。
この二つの言葉は覚えておきたいですね。
カラスたちと農夫は長い長い話し合いの末、
すっかり元通りに、いえ元通り以上に仲良くなります。
その間に案山子は、優しい笑顔になっていました。
それは、言葉のマジック。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レオ・レオーニさんのその他の作品

平行植物 / ニコラスどこにいってたの?

谷川 俊太郎さんのその他の作品

英語でもよめる じぶんだけのいろ / ビークル 〜ゆめのこどものおはなし〜 / ねむたいひとたち / いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

6わのからす

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット