クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ヨハネスブルクへの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヨハネスブルクへの旅

作: ビヴァリー・ナイドゥー
絵: 橋本礼奈
訳: もりうちすみこ
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784378014777

四六判 120ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「母さんをつれてこよう。でないと、ディネオは死んじゃう!」赤ん坊の妹が、重い病気になった。ナレディの心に、おさない妹を思って、不安がしのびこんでくる。
「つれてくるって、どうやって?」弟のティロは面くらっている。二人の母親は、300キロもはなれたヨハネスブルクにいて、住み込みで働いているのだ。

アパルトヘイト下の南アフリカ。黒人居留区に住む姉と妹が町へ旅をするあいだに、さまざまな矛盾に遭遇する。現在の社会や人間性についても、読み手の心に強く語りかける作品。

ベストレビュー

アパルトヘイト

具合の悪い赤ん坊の妹のことを、遠いヨハネスブルクで働く母に知らせようと、旅に出るナレディ。
旅の途中に出会う人たちの優しさに心温まると共に、アパルトヘイトの残酷さに胸が痛みます。

<アパルトヘイト>人種隔離政策。
学校の授業で習い、その名前と内容について知っている人は多いと思います。
けれどもその当時苦しんでいた人々の本当の気持ちを知っている人はどうでしょう?
他の国のこととなると私たちはやはり他人事になります。

この本を読み、この少女の立場になることで、当時の人たちの苦しみや怒りを感じることができると思います。
同じ過ちを繰り返さないためにも知っておきたいこと。
人の命の大切さを改めて感じることができる作品です。

(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


橋本礼奈さんのその他の作品

ブルーバック

もりうち すみこさんのその他の作品

宿題ロボット、ひろったんですけど / 呪われた図書館 / クジラに救われた村 / リトル・パパ / ヘレン・ケラーのかぎりない夢 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯 / 名探偵犬バディ(5) 青い舌の怪獣をさがせ!



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

ヨハネスブルクへの旅

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット