もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
8分音符のプレリュード
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

8分音符のプレリュード

  • 児童書
作: 松本祐子
絵: 佐竹 美保
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784338144261

松本祐子
四六判 20cm 227ページ

出版社からの紹介

かなみは吹奏楽部でフルートを吹いている。大会での入賞を目指して特訓中だ。そこへ有名な天才ピアニストだった転校生の透子が来て、学校に慣れるまでかなみが面倒をみることになる。透子は怪我をして音楽専門の学校から転校してきたのだった。

ベストレビュー

お母さんも是非(^_^)v

思春期の女の子の心理がうまく捉えられていてびっくり。
なんとなく、わかります、わかります。

どんどん引き込まれて、読後すっきりした気持ちになります。

設定は、中学2年生。自分を客観的に観るということが、出来始め、劣等感や嫉妬等マイナスな部分の方が大半を占めてしまったり、自分ではなく周囲のセイにしてしまったり・・・。先生に対する気持ちも小学生の頃とは違い、批判的になったり、先輩の存在、部活とクラスの雰囲気、何かにチャレンジするということ、家族に対して・・・いろいろなことを通して、きれいごとだけではすまないことも学んでいくし、実はいいこともいっぱいあるんだけど・・・しみじみ・・・

中学生はもちろん、お母さんも是非読んでみて下さい。悩む内容は、昔も今も変わらないような気がします。
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松本祐子さんのその他の作品

ツン子ちゃん、おとぎの国へ行く / カメレオンを飼いたい! / フェアリースノーの夢 / ブルーローズの謎 / リューンノールの庭

佐竹 美保さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / ヨーレのクマー / パン屋のイーストン / 四人のおばあちゃん / ニコニコ・ウイルス / 賢女ひきいる魔法の旅は



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

8分音符のプレリュード

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット