まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
月のえくぼ(クレーター)を見た男<麻田剛立>
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

月のえくぼ(クレーター)を見た男<麻田剛立>

作: 鹿毛敏夫
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784774313917

小学上級から
たて19.4cm×よこ13.5cm
四六判縦 240ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

200年以上前の江戸時代、大宇宙と小宇宙を究めた麻田剛立という男がいた。

月面に数あるクレーターの中に「クレーター・アサダ」と日本人名が付されたクレーターがあります。クレーターには、過去の偉大な天文学者や科学者の名前がつけられているのですが、この麻田剛立とは、いったいどんな人物なのでしょうか?

麻田剛立(あさだごうりゅう)今から二百年以上前の江戸時代に生きた天文学者ですが、あまり一般には知られていませんが、それは次の五つの点で特筆されます。

1. 日本の近代天文学の礎を築いた人物:豊後国(大分県杵築市)杵築藩主の侍医でしたが、脱藩し大坂(大阪)で西洋天文学をベースとした天文暦学の研究を続け、日本初の専門天文塾「先事館」を開きました。

2. 近世日本の天文学を支える優秀な人材を育成:後に、江戸幕府の改暦(寛政の改暦)で功績をあげることになる高橋至時や間重富らの優秀な人材を多く育成。その高橋至時に弟子入りし、実測測量による日本地図を作成した伊能忠敬の偉業も基は、実は麻田剛立に発しているのでした。

3. 日本最古の月面観測図を描いた人物:1778(安永7)年、オランダ人から購入した反射式望遠鏡を使って月面を観測し、日本人として初めてクレーターを含む月面観測図を描きました。

4. ケプラーの第3法則を日本人として独学で発見!「惑星の公転周期の二乗は、太陽からの平均距離の三乗に比例する」といういわゆるケプラーの第3法則を、ケプラーより後の発見ではありますが、麻田剛立は独自の天体観測からこの法則を見つけ、著書『五星距地之奇法』に発表しています。

5. 解剖学者麻田剛立:大坂で本格的に天文学を研究する前に、人体の解剖学を究めようと志し、日本では三番目に古い人体解剖書『越俎弄筆』を儒学者の中井履軒とともに著しました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

月のえくぼ(クレーター)を見た男<麻田剛立>

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット