新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

ピアノは夢をみる

ピアノは夢をみる

作: 工藤 直子
絵: あべ 弘士
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784032323207

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

そうだ ピアノは森生まれなんだった

 「ゆめ」をテーマとした作品を探していて出会いました。
 工藤直子先生の詩とあべ弘士先生の絵というコラボレーションもまた面白いなと思いました。

 もう百歳になるという工藤先生のお宅のピアノ。
 ドイツのノイマン社製の箱型のピアノ。
 現代のアップライトスタイルのものより、ひとまわり大きく、鍵盤の前には蝋燭を灯す燭台がついているピアノ。
 このピアノをモデルとした素敵な作品です。
 
 連作詩集になっていますが、私は「森のにおい」が好きです。
 カーテンを潜り抜け遊びに来た風がピアノにかけた言葉。
 「あんたは ごつごつしているけれど やさしい森のにおいがするね」
 ここで、そうだピアノは森生まれなんだったって気付かされます。
 ピアノは嬉しくて夢をみます。
 大きな森にいた頃の夢の表現が、ピアノと一緒に森に連れて行かれるようです。
 
 このあと、ピアノと関わった少年・綿雲・少女・海・ちいさな指の持ち主etc,の詩が続きます。
 こんな風にピアノはきっと夢をみてきたに違いないと、とても温かく豊かな気持ちになりました。

 えてして無機質なものとして捉えてしまう物へまで、心を寄せる工藤先生の感性が素敵だなと思いました。

 あべ先生の力強くまた繊細な絵がこの作品とマッチしていたと思います。

 さて、我が家のピアノくんはどんな夢をみているのやら、・・・。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子13歳、)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『父さんのゾウ』悲しみから立ち直る家族の物語

ピアノは夢をみる

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット