ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
長新太 ナンセンスの地平線からやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

長新太 ナンセンスの地平線からやってきた

  • 絵本
作: 土井 章史
出版社: 河出書房新社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784309727592

A5 112頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

不世出のナンセンス絵本作家・長新太の仕事を、初期漫画やエッセイ、超レアなイラスト、そして絵本の代表作品まで集めて紹介する、ヴィジュアル版再入門。奥さまへの特別インタビューも。

ベストレビュー

長サンの歴史が詰まってる

絵本作家になる前の仕事、絵本作家になってからの仕事、エッセーなど長さんの魅力が満載です。

イラストの仕事を見ていると、これが絵本作家・長慎太の原点だったのか・・と
感動してしまいました。

奥様へのインタビューもあり、生前の普段の長さんの生活が垣間見れました。
長さんは絵をかくだけで、他のことは全部奥さんがやってたらしく
縁の下の力持ちだったのだなーと、エピソードの数々をほほえましく読みました。

絵の迫力、ユーモアのセンスは昔も晩年も変わらず、絵本を書きながらの膨大な数のイラストのお仕事も含めて
いつでも真摯な姿勢で仕事をなさってたことが、ひしひしと伝わってきました。

ちなみに余談ですが、トムズボックスにて購入しました。
レジに本を持っていくと、店主さんが「この本ぼくが書いたんです」と一言・・
びっくりして、なんと言ったらいいかわからなかったのですが
帰宅して読んでみて、もっとお話を聞いてくればよかったと後悔してます。
(きゃべつさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

長新太 ナンセンスの地平線からやってきた

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット