宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくが絵本作家になったわけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくが絵本作家になったわけ

  • 絵本
作: ビル・ピート
訳: ゆあさ ふみえ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「ぼくが絵本作家になったわけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年02月
ISBN: 9784751517918

中学生〜一般
サイズ: 23×18cm
ページ数: 192頁

出版社からの紹介

アメリカの絵本作家ビル・ピートのイラスト入り自伝。落ちこぼれ少年からディズニープロへ、ディズニーと大喧嘩して絵本作家に。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビル・ピートさんのその他の作品

ワンプのほし / クリスマスにはやっぱりサンタ / 小羊のぼうけん

ゆあさ ふみえさんのその他の作品

メイヴィスのふしぎな赤ちゃん / エリック・カールの動物さんぽ / ボートがしずんだの、だれのせい? / 戦争ゲーム / サンタさんへのてがみ / アンソニーとまほうのゆびわ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ぼくが絵本作家になったわけ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット