あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
のびのび子育て−子どもに受けさせたい世界の幼児教育
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のびのび子育て−子どもに受けさせたい世界の幼児教育

  • 絵本

出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,429 +税

「のびのび子育て−子どもに受けさせたい世界の幼児教育」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年08月

書籍版・A4変型・144ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

早期教育」ではない子育て。
子どもも大人自身も、「のびのび」できる子育てがあります。
北欧の子育て/モンテッソーリ教育・シュタイナー教育
世界中の園で取り入れられているモンテッソーリ、フレーベルをはじめとした教育者6人の考え方を一挙に紹介。共通するのは「子どもが自ら育つ力」を信じること。日本で実践している園もレポートし、使っているおもちゃなども紹介しています。
「早期教育」に駆り立てるような子育てに疑問を感じているひとはもちろん、保育者、幼児教育を志す学生にも心強い1冊。

ベストレビュー

分かりやすい本です

妊娠中と子どもが1歳のときに読みました。
雑誌クーヨンのシリーズ本ですので、書籍というよりは雑誌に近い形態です。
この本を読んで、「シュタイナー」や「モンテッソーリ」のことを知りました。
このあたりの教育法はきちんとした書籍がたくさん発売されていますが素人が読むにはちょっと敷居が高いので、まずはこの本で軽く触れてみるというのでもいいと思います。
写真をたくさん使って紹介されているところも読みやすくてよかったです。
(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子2歳)

出版社おすすめ




風変りで美しい表現方法がたくさん!

のびのび子育て−子どもに受けさせたい世界の幼児教育

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット