貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ありがとうをわすれると
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ありがとうをわすれると

作: 山下 明生
絵: ナメ川 コーイチ
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ありがとうをわすれると」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年03月
ISBN: 9784052015168

幼児〜小学生(低学年)

出版社からの紹介

あついからと、あおいで風をおくってくれたコウモリ。アイスクリームをわけてくれたヤドカリ。おぼれていたところを助けてくれたタコ。でも、だれにもお礼の言葉を言わなかったネズミは、タコにとりかこまれて海の底へ。南の島トンガに伝わるお話。

ベストレビュー

ひどすぎるねずみ

トンガ王国のいいつたえを絵本にしたほんだそうですが
ねずみの性格が悪すぎてびっくり!です。
ありがとうをわすれるというよりわかっているのに言わないって感じです。
子供達には普段から「親切にしてもらったり、物を頂いたら必ずありがとうって言うんだよ」と教えてます。
他の家のお母さん方もそうされてると思います。
「このねずみだめだなぁ」と子供達が言い合って聞いてました。
わかりきってるけど人に親切にされたらどうするのか
見直すのにいい本かな。
(のぽぽんぽんさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく

ナメ川 コーイチさんのその他の作品

えからとびだしたねこ



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

ありがとうをわすれると

みんなの声(3人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット