おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
めだかのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めだかのぼうけん

  • 絵本
作: 伊地知 英信
写真: 渡辺 昌和
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784591097359

小学校低学年〜
サイズ :21cm x 26.5cm ページ数 :35ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

めだかのすむ田んぼとめだかのいない田んぼがあるのはどうして? 小さなからだのめだかが生きつづけるための環境のひみつを、美しい写真でやさしく解き明かす。

ベストレビュー

写真でつづるめだかの生態

3歳9ヶ月の息子に読んでやりました。近くの川でめだかをみたり、実家で飼っているめだかを見るのが好きな息子に、めだかの本をと思い読んでみました。写真でつづられたいい本でしたよ。

めだかの生態の様子を写真と説明でつづる一年間のお話です。よくこんなに細かく写真を撮ったなーというくらい、季節を通しためだかの様子をよく捕らえています。めだかはとっても臆病であまりすがたを見せることがないと思っていたのに、結構その姿をカメラの前で見せているのでびっくりです。きっと撮るのが大変だったろうなーと。そして、ストーリー性もあるので、とてもおもしろかったですよ。

なるほど、こうやってめだかは1年を過ごし、毎年繁殖させていくのか・・・と私も関心してしまいました。なかなか自然の中のめだかを見続けることができないので、とてもいい本だと思いましたよ。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

伊地知 英信さんのその他の作品

かき氷 天然氷をつくる / しもばしら / むしを たべる くさ / うんちレストラン / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館 カマキリ / ドキドキいっぱい!虫のくらし写真館第1期(全8巻)



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

めだかのぼうけん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット