だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
子どもはシャベルをわたさない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもはシャベルをわたさない

作: 尾ア 春人
出版社: 幻冬舎ルネッサンス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784779002106

四六判・320ページ

出版社からの紹介

40有余年にわたり日本の幼児教育を模索してきた筆者の集大成。筆者が園長を務める銀嶺幼稚園で発行する月刊だより「ゆきわり草」の、1996年4月から2007年7月までの10年間分をまとめ、再構成したもの。同園の特徴は、子どもの自発性や環境教育・教具などに着目し、幼児教育を確立したイタリアの幼児教育者、マリア・モンテッソーリが開発したモンテッソーリ教育を取り入れていること。この教育理念をベースに、筆者は世界に誇れるような人間を育てるにはどうすればいいのかを模索し、親へのメッセージとして提言してきた。本書は、子どもの自律性・自発性がいかに重要なのかを示唆した意味が込められている。次代の子ども達を育むにはどうあるべきか、自律的な生きかたのできる人の根っこを育てるには何が必要なのか、幼児教育に悩む親御さんにぜひ一読をおすすめしたい一冊。


この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




第12回 『あったかいな』の片山健さん

子どもはシャベルをわたさない

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット