新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
白鳥の湖

白鳥の湖

作・絵: リスベート・ツヴェルガー
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784893094728

ピョートル・チャイコフスキー 原作
271×216mm・26P・上製

出版社からの紹介

悪いまほう使いに白鳥にされてしまった白鳥の女王をすくうため、永遠の愛をちかった王子......                            チャイコフスキーによるバレエ音楽の傑作が、美しい絵のリスベート・ツヴェルガーによって、
ハッピーエンドにまとめられ、『世界がもし100人の村だったら』の池田香代子の新訳でよみがえりました。

ベストレビュー

ツヴェルガーによる解釈

バレエで有名なチャイコフスキーの「白鳥の湖」。
バレエですから、もちろん台詞もないですし、
演出によってはいろいろな情景で創られます。
そんな「白鳥の湖」の物語に、ツヴェルガーが新解釈で描きます。
結婚を迫られる王子が出会った、白鳥の姿の女王との愛の物語です。
夜の湖という不思議な空間が神秘的です。
楽譜を散りばめたりして、バレエの世界を尊重しつつ、
悲劇として知られているラストをあえてハッピーエンドとしています。
王子の人物像の描き方も、新鮮でしたし、あえて名前が語られないのも、
幻想的ですね。
私は子どもの頃からバレエの物語は好きで、
もちろん、「白鳥の湖」の物語もいくつものバージョンを知っているだけに、
なるほど、と納得してしまいました。
ツヴェルガーによるあとがきも是非読んでほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子15歳、男の子13歳)

関連記事

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

白鳥の湖

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら