だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
白鳥の湖
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白鳥の湖

作・絵: リスベート・ツヴェルガー
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784893094728

ピョートル・チャイコフスキー 原作
271×216mm・26P・上製

出版社からの紹介

悪いまほう使いに白鳥にされてしまった白鳥の女王をすくうため、永遠の愛をちかった王子......                            チャイコフスキーによるバレエ音楽の傑作が、美しい絵のリスベート・ツヴェルガーによって、
ハッピーエンドにまとめられ、『世界がもし100人の村だったら』の池田香代子の新訳でよみがえりました。

ベストレビュー

ツヴェルガーによる解釈

バレエで有名なチャイコフスキーの「白鳥の湖」。
バレエですから、もちろん台詞もないですし、
演出によってはいろいろな情景で創られます。
そんな「白鳥の湖」の物語に、ツヴェルガーが新解釈で描きます。
結婚を迫られる王子が出会った、白鳥の姿の女王との愛の物語です。
夜の湖という不思議な空間が神秘的です。
楽譜を散りばめたりして、バレエの世界を尊重しつつ、
悲劇として知られているラストをあえてハッピーエンドとしています。
王子の人物像の描き方も、新鮮でしたし、あえて名前が語られないのも、
幻想的ですね。
私は子どもの頃からバレエの物語は好きで、
もちろん、「白鳥の湖」の物語もいくつものバージョンを知っているだけに、
なるほど、と納得してしまいました。
ツヴェルガーによるあとがきも是非読んでほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子15歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟 / ハーメルンの笛吹き男



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

白鳥の湖

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット