すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
12の怖い昔話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

12の怖い昔話

  • 児童書
作: スザン・プライス
訳: 安藤 紀子
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「12の怖い昔話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784860953270

四六判上製・152ページ

出版社からの紹介

本書はイギリスの作家プライスによって書かれた短編集です。幽霊を恐れずにうまく金貨をせしめ、物乞い生活から足を洗う勇敢な老女の話。死神に見放され、老いて肉体がなくなっても死ぬことができずに地上をさまよう男の話。酔って帰る深夜の道で首なし幽霊に出会い、その首に追われてほうほうの体で逃げ帰る男の話などを含め、悪魔や大天使ミカエルや実在の司教などが登場する12のバラエティに富んだ短い話を収めたものです。

ベストレビュー

後に残る小気味よい怖さがいいです。

同作者の「ほんとうにあった怖い話」と姉妹本として日本では刊行されているようです。
こちらも同じテイストで、簡潔にまとまった怖い話が12編入っています。
「ほんとうにあった…」より、個人的には後に残る怖さを感じました。
『怖いもの知らずのメアリー』『影』『真夜中の訪問者』は特に好みの怖さでした。
『犬と幽霊』はありそうでなさそうで、動物好きな人が読んだら、そのラストに「うんうん」とうなずいてしまうだろうな〜と、思いました。
いずれも小学校高学年くらいから中高生くらいの子どもたちにお薦めします。
1つ1つが本当に短いので、寝物語に読んであげても(怖くて)いいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安藤 紀子さんのその他の作品

7つの怖い夜ばなし / みみずくのナイトとプードルのデイ / クリスマス / 24の怖い話 / ほんとうにあった12の怖い話 / コウノトリのおはなし えんとつのうえの車輪



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

12の怖い昔話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット