貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
ぼくのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのはなし

  • 絵本
作・絵: 和歌山 静子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

大雪の影響による荷物のお届け遅延について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784494001514

3歳〜
山本直英・監修
B5変型判・20.7×22.2cm・32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

父さんと母さんとで、ぼくという人間をつくってくれた。ぼくは、どこから生まれた?

ベストレビュー

ドッキリ★

この本は三冊セットのおかあさんとみる性の本のうちの一冊です。
先日、1年生の息子が私のおっぱいタッチしているのを見て、4年生の息子が、
「スケベすると、子どもが生まれるんでしょ!」と言い出した。
きたきたきた〜〜!!!と思った私は、
「ええっ!スケベするって何すること?」と振ってみたら、
この本を持ってきて、確信に近いページを開き、「このことだよ。」とにやにや。

いつの間にか多様な情報を入手する年令になったんだな…と思いながら、
この本をゆっくり読み始めた。

幼稚園の頃、買ってあったけど、息子にきちんと読み聞かせたのは数えるほど。それでも、どのページにどんな絵があるか覚えている様子。
性教育は難しいと思っていたけど、この本のお陰ですんなり話題に出して、最低限必要な大事なことを話して聞かせることができて助かった。

●女の子を大切にする
●心身共成長して、責任が取れるようになってから行動する
●人類が廃れないために子を残すことは大事

母が話せるのは、今回のみ。あ〜ドキドキした。
さあ、これからは父の出番よ〜。
(父:えぇ〜僕大丈夫かなぁ…。もじもじ)
お父さん頑張って〜。
(かがやきさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / め・め・め / だれといっしょにいこうかな? / 王さまかるた / 王さまABC / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(8) 古田足日子どもの本



イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

ぼくのはなし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット