くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
恐竜トリケラトプスときけんな谷 ラプトル軍団と戦う巻
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜トリケラトプスときけんな谷 ラプトル軍団と戦う巻

  • 絵本
作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784338173124

幼児から
29×22cm・39ページ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】「恐竜トリケラトプス」シリーズレビュー大賞発表!

出版社からの紹介

トリケラトプスのビッグホーンのもとに、ダスプレトサウルスのダスの息子、プレトがたすけをもとめてきた。ダスが病気だという。病気を治すにはラプトル谷の薬草が必要だが、谷にはどうもうなラプトルたちが……。



恐竜トリケラトプスときけんな谷 ラプトル軍団と戦う巻

ベストレビュー

怖く見えない!

シリーズで少しずつ読み進めています。
今回は薬草をとりにラプトルのいる谷へ!
いつの間にか、こういう冒険をテーマにしたお話を読めるようになったんだなぁなんて思いつつ息子といっしょに読みました。

タイトルからだいたいお話の想像はつくのですが・・・いかんせんラプトルがあまり怖そうに見えず(笑)、なんだか滑稽です。
やっぱりティラノサウルスとかのほうが絵になりますね。

このシリーズのおかげで着々と恐竜の知識が親子共々増えてきました。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒川 みつひろさんのその他の作品

恐竜 トリケラトプス はじめてのたたかい / トリケラトプスとダスプレトサウルス プレトのぼうけんのまき / 恐竜トリケラトプスとアルゼンチノサウルス きょだいきょうりゅうとであうまき / トリケラトプスとそこなしのぬま アルバートサウルスとたたかうまき / もっと恐竜とあそぼう! / 恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

恐竜トリケラトプスときけんな谷 ラプトル軍団と戦う巻

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット