貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
いたずら五にんぐみ オチョグニ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたずら五にんぐみ オチョグニ

  • 絵本
作: パク・ヨンチョル
絵: パク・ヨンチョル
訳: 星 あキラ キム・ソンミ
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784916016850

上製・A5版・40ページ


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかし宇宙の小さな星に五人のいたずら者がいました。 そのいたずらを咎められ王様に捕らえれたオチョグニ達は、その罪を許してもらうため、人々を苦しめている怪物退治に出かけました・・・


ベストレビュー

五人の悪党たち

このお話は、五人の悪党たちが自分たちの罪を帳消しにするために王様に言われた化け物を退治しに行くというお話でした。悪党ですが、みんな力を合わせて化け物を捕まえるまでに至ったのですが、五人の中のいとりが怠慢で、その怠慢のせいで結局化け物は逃げ、自分隊の罪も帳消しにならなかったというオチ。うちの子は、「この一人がいなかったら他のみんなは許されたのにね〜!」と残念そうに言っていました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

星 あキラさんのその他の作品

いつまでもそばにいてね / おとうとバーゲンします!



人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

いたずら五にんぐみ オチョグニ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット