しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
さるかにむかし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さるかにむかし

  • 絵本
作: 大川 悦生
絵: 石倉 欣二
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年11月
ISBN: 9784895881029

B5

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

川べりでおむすびをひろったかにどんをだまし、さるどんは、かきのたねとおむすびをこうかんします。かにどんがせっせとかきをそだてると、 さるどんは木にのぼってあまいかきをひとりじめ。 かにどんにはひとつもくれません。 そればかりか、青いかきをなげつけたので、かにどんはつぶされてしまいました。 でも、つぶれたかにどんから生まれた子がにたちはすくすくそだち、やがてなかまをつれて、あだうちに出かけます。 さるどんはいったいどうなるのか。 独特の語りがここちよく響く日本昔話です。
【著者プロフィール】  石倉 欣二:1937年、愛媛県生まれ、香川県に育つ。東京芸術大学卒業。絵本に「たなばたむかし」(産経児童出版文化賞美術賞)、「おばあちゃんがいるといいのにな」(日本絵本賞・けんぶち絵本の里大賞)、アイヌの絵本「パヨカカムイ」(日本絵本賞)、さし絵に「空ゆく舟」(赤い鳥さし絵賞)など多数がある。

ベストレビュー

さるはひどいと思いました

さるはひどいと思いました。

かにをだますからです。

かきが早くできたからびっくりしました。

こがにがたくさん出てきたからびっくりしました。

さるには子どもがいないのかな。

さるがしかえししてきたらどうなるんだろうと思いました。

わるいことはしちゃいけないなあと思いました。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

大川 悦生さんのその他の作品

ポプラ文庫 おかあさんの木 / ポプラポケット文庫 おかあさんの木 / 日本むかし話(7) したきりすずめ / 日本むかし話(4) かさじぞう / 山のかあさんと16ぴきのねずみ / アオギリよ芽をだせ 被爆した広島の木

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

さるかにむかし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット