ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
パワーマンになりたかった米の子つぶたろうのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パワーマンになりたかった米の子つぶたろうのはなし

作: 岩崎恵子
絵: 田中 伸介
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「パワーマンになりたかった米の子つぶたろうのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784286055145

B5横上・24ページ

出版社からの紹介

栄養士で、現在は保育園の給食調理に従事している著者が食を通して知る「思いやる心の大切さ」を子供たちに伝えるべく贈る、米の子の「つぶたろう」のお話。一粒のお米にもみんなの元気の源がたくさんつまっているんだ! ということを教えてくれる絵本。イラストは『きんのはね』『子ぎつねヘレンの10のおくりもの』(文芸社刊)でもおなじみの田中伸介さんによるもの。独自の心温まる絵のタッチやかわいらしさに、ついつい微笑んでしまう。子どもから大人まで楽しめる一冊。

ベストレビュー

大切にします

食育の絵本ですね。

昔からよく、「農家の人が一生懸命作ってくれたお米だから、
一粒残らず食べましょう」と言われています。

なので、この絵本に出会い、すぐ手に取り読みました。

結構、細かい文章で、漢字も使われているので小学生が一人で読む読み物としてもいいと思います。

絵もとってもかわいいく、つぶたろうの素敵な笑顔が好きです。

この絵本を読み聞かせしてから、こめつぶに敏感になった子供たちでした。

(さるるさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中 伸介さんのその他の作品

なくしものくじら / ネコとツリー / クモノス / ありがとうさようならベス / おかっぱちゃんとひみつのともだち / ねこの王子様



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

パワーマンになりたかった米の子つぶたろうのはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット