あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
トムとことり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トムとことり

  • 絵本
作・絵: パトリック・レンツ
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トムとことり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784072648223

23.5×31.5cm 判・40 ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、トムは市場で小鳥に心を奪われ、父親に買ってもらった。その日から、トムは小鳥をそれは大事に育てた。えさをやり、いっしょに遊び、似顔絵を描いて見せてやった。けれど、小鳥は狭い鳥かごの中で、元気をなくし、日増しに弱っていった。羽が抜け落ち、ぐったりと鳥かごの底に横たわった。トムはなんとか小鳥と心をかよわせようとした。そして、小鳥が広い大空のもと、仲間や子どもたちのいるところへ帰りたがっていることを察する。愛しくてたまらない小鳥だけれど、でも……。トムはとうとう、鳥かごの戸を開け、窓をあけはなった――。本当の愛情、相手を思いやる心を、静かに、けれど力強く描いた字のない絵本。トムの表情のイラストはどれも気持ちがひしひしと伝わってきて、いまにも少年の声が聞こえてきそうだ。絵本の醍醐味がしっかり味わえる秀作。

ベストレビュー

ことり

表紙の葉っぱの描き方がとても丁寧で美しかったのでこの絵本を選びました。タイトルの描き方も版画を利用した感じでビシッと決まっているのが格好良かったです。大きめな画面が迫力があって気に入りました。コマ割りがとても上手なのも感心しました。時がないので自分で好きなようにストーリーを組み立てられるのが楽しかったです。主人公がどんどん小鳥に夢中になっていく様子が愛らしかったです。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本



寝かしつけに最適な水中絵本

トムとことり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 1
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット