くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
人面瘡は夜笑う
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人面瘡は夜笑う

作: あさの あつこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥620 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「人面瘡は夜笑う」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

人面瘡の謎は、、、やはり人間て怖い!

蘭シリーズ6作目。

人面瘡のようなものがとりついた恐怖の謎と事件を、また蘭たちが解き明かします。怖いのは妖よりもヒトの心ですね。それをこのシリーズでは明らかにしています。

翠の豚食いコンテストはすごいです!賞金30万円か、、、、私もやってみたくなっちゃいますが、確実に食べれませんね(笑)

ラストの解説も、あさのさんと蘭たちのやり取りが軽快で面白いので、ぜひ最後まで読んで欲しいです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

にゃん!鈴江藩江戸屋敷見聞帳 / くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

人面瘡は夜笑う

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット