クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
きんのたまごにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんのたまごにいちゃん

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784790251965

4〜5歳児
21.0×25.7cm(表紙21.3×26.3cm)
28ページ

出版社からの紹介

これで9冊目となる「たまごにいちゃん」シリーズ。たまごねえちゃんがいたり、からすのたまごにいちゃんがいたり、いろいろありましたが、今度はなんと殻が金色のたまごにいちゃん! その色にこめられた意味とは…!

ベストレビュー

子の心親知らず?

親子でいっしょに読んで、実は「親」に気付いて!!と隠れメッセージがあるような・・・(^^ゞ

小さい頃は、「うちの子天才!?」と勘違い(^^ゞしてしまうほどなのに、成長と共に、他の子と比べて劣っているところを叱ったり、自分が果たせなかった夢?を押し付けたり・・・子どもにとっては、大変迷惑な親になっていることってありませんか?

それと、なるべく失敗させたくない、怪我させたくない、と全部お膳立てしたり、こうした方がいい・・・とこれまたおせっかいをしたり・・・

自分で考えて、自分で行動しなければ、自分で気付けませんよ。

こどもは、親のモノではありません。ひとりの人間として、どうサポートしていけばいいのか、親への宿題を与えているのではないでしょうか。

それを「金色の」卵の殻にするとは・・・
あきやまさん、まいりました。「たまごにいちゃん」シリーズ10冊目も期待しています!!わくわく♪
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



『くろくまくんとしろくまくん』 小林ゆきこさんインタビュー

きんのたまごにいちゃん

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット